アトピー性皮膚炎治療前後の写真

アトピー性皮膚炎治療の塗り薬と飲み薬の限界

 アトピー性皮膚炎の治療で一番最初に処方されるのは、ステロイド薬や免疫抑制剤:タクロリムス軟膏(市販名:プロトピック軟膏)などの塗り薬です。

 しかし、症状によっては塗り薬だけでは無く、飲み薬も併用した方が良い場合もあります。

 塗り薬と飲み薬を併用しながら、アトピー性皮膚炎の原因を取除く治療をするのです。
 薬は、知識不足から来る拒絶や出された薬を医者に言われたまま使うのでは無く、ポイントを抑え目的を持った使用方法を持つ事が重要です。


アトピー性皮膚炎の塗り薬と飲み薬



 治療で病院へ行くと、必ずと言って良い程ステロイド薬や非ステロイド薬等の塗り薬が処方されると思う。

 治療に塗り薬が処方される事は良いのだが、医者の思考自体に思慮深さが無い様に感じる事もある。


 では何故、人体寺が上記の様に思慮深さが無いと思うか理由を説明する。
 人体寺は、アトピー性皮膚炎の原因は内的要因と外的要因がある事を説明している。

 この外的要因と内的要因について着目して考えると判りやすいと思う。

アトピー性皮膚炎原因が外的要因の場合

 アトピー性皮膚炎の原因が外的要因の場合は、塗り薬は非常に有効だと思う。

 外的要因とは、皮膚常在菌の黄色ブドウ球菌にアレルギー反応を示す場合やダニに食われたりしてアレルギー反応を示している場合。
  この外的要因によるアトピー性皮膚炎は、皮膚内部のアレルギー反応と言うよりは表皮に近い部分でのアレルギー反応となっている。

 また、皮膚上のアレルゲンを取除ければアトピー性皮膚炎は出なくなる事はお分かり頂けるだろう。


 しかし、アトピー性皮膚炎を発症させているアレルゲンが外的要因が慢性的なものでしたら、外的要因のアレルゲン対策は必須です。

アトピー性皮膚炎原因が内的要因の場合

 アトピー性皮膚炎の原因が内的要因の場合は塗り薬のみの治療には限界がある事が多い。

 内的要因とは、体内にアレルゲンが存在しアトピー性皮膚炎を発症している。
 アレルゲンとなっている物質は、食物や呼吸器系から侵入するハウスダスト、化学物質、ダニの死骸や糞などがある。

 ここで少し考えて貰いたい事がある。
 体内に取り込まれたアレルゲンによってアレルギー反応が起こり、皮膚にアトピー性皮膚炎が発症していると言う事は、体の深部でもアレルギー反応を起こしていると言う事。


 判るよね?
 体内に取込まれたアレルゲンが、何の変化も無くいきなり表皮でアトピー性皮膚炎症状を起こす事は無いと言う事だ。
 ここの思考は非常に重要。


 この辺りの事は、アトピー性皮膚炎はどの様な生理現象?から見直して欲しい。

 よって、内的要因でアトピー性皮膚炎が発症している場合は、塗り薬だけでは無く飲み薬の考慮をした方が良い。そして体内にあるアレルゲンを排出させる事が重要な鍵となる。

   

 アトピー性皮膚炎患者は、薬(特にステロイド薬の塗り薬)に対する被害意識が大きい。

 このステロイド薬に対する被害意識は、かつて人体寺も持っていたので分る。昔は人体寺も医者に対してステロイドの副作用について反論していたからね。
 しかし、今の人体寺は違う。ステロイド外用薬には殆ど副作用は発生しない。発生しても皮膚が薄くなる位。



 では、アトピー性皮膚炎治療でステロイド薬を使用すると、次第に薬の効果が無くなり重症化して行く理由は?と思うだろう。

 ステロイド薬の塗薬を使用すると重症化する理由は、アトピー ステロイド薬治療法で確認頂きたい。

 薬は拒絶するのではなく薬の特性を正確に把握して、それを利用してアトピー性皮膚炎を治す事を考える事お勧めする。





アトピー性皮膚炎を視覚的に判り易く考える



 では、上述のアレルゲンが体内に存在する内的要因の場合、ステロイド薬ではアトピー性皮膚炎を抑えられない理由を、理解しやすい様に視覚的情報を取り入れながら考えてみる。


 アトピー性皮膚炎を治療する塗り薬は、皮膚表面上の炎症しか取る事はできないのはお分かり頂けると思う。
 この事を念頭にして、下記の様な例題なら解って貰えるかな?

塗り薬によるアトピー性皮膚炎抑制能力を考える例題

 鉄には、サビが発生するよね。
 そのサビの処理する為に、ペンキを使って補修すると言う例題にして考えてみる。

 この例題の

  鉄         ⇒ 人(皮膚)
  鉄表面のサビ ⇒ アトピー性皮膚炎症状
  鉄内部のサビ ⇒ 体内にあるアレルゲン
  ペンキ      ⇒ ステロイド薬や免疫抑制剤:タクロリムス軟膏(市販名:プロトピック軟膏)

 と置換えて考える。


 では、例題について考えてみる。

 鉄にサビ(アトピー性皮膚炎)が発生する。

 鉄(皮膚)にサビ(アトピー)が発生する。

 この鉄に発生したサビを処置(治療)する為に、鉄にペンキ(ステロイド薬やプロトピック軟膏)を塗る。
 このペンキは、鉄板の表面のサビを落とす機能も備わっている仕様の商品とする。




 そうすると、鉄板表面の鉄サビが無くなり、鉄板内部のサビもペンキに隠れて見えなくなるよね?
 一見すると、鉄(皮膚)は綺麗になった訳だ。

サビ(アトピー)が落ち一見綺麗になった様に見える。



 しかし、時間が経つと、鉄内部のサビ(体内アレルゲン)は落としていないから、その内に鉄サビがペンキの塗装膜を破って出てくる。
 ペンキは何度塗りなおしても、鉄内部のサビ(体内アレルゲン)を落とさない限りは鉄表面のサビの発生(アトピー性皮膚炎)を抑える事はできない。


鉄内部(体内)のサビ(アレルゲン)が残っているので再びサビ(アトピー)が発生。

 上記の様に、鉄表面に発生するサビをアトピー性皮膚炎や鉄内部のサビをアレルゲン、ペンキをプロトピック軟膏(免疫抑制剤)やステロイド薬と置き換えて貰えると理解しやすくない?


 飲み薬は、鉄内部のサビ(体内のアレルゲン)の侵攻を抑制してくれる。
 だから、内部要因の場合は塗り薬だけでは無く、飲み薬も併用する事が良い。

 図を用いた説明で理解できたと思うが、アトピー性皮膚炎の原因が内的要因の場合は、体内アレルゲンを体外に排出する事をしないとアトピー性皮膚炎は治らないのだよ。
   その体内アレルゲンを体外に出す方法が、人体寺 アトピー性皮膚炎治療法なんだ。




このページの先頭へ

  • サイトマップ
dummy dummy dummy dummy