アトピー性皮膚炎治療前後の写真

h.e様 アトピー性皮膚炎治療経過 初月目



 樹液シートを使用した、アトピー性皮膚炎治療経過記録です。

 人体寺は、樹液シートでアトピー性皮膚炎を治しましたが、他の方でも再現性があるのかをご覧頂ければと思います。



 なお、本Webサイトに転載されている内容は、樹液シート通販のお声及び有限会社わんわんへのお客様からのEメール内容を転載許可を得て公開致しております。


 転載されている内容は、アトピー性皮膚炎重症患者、体内アレルギーのアレルギー反応が大きい患者様を選出して公開致しております。

 その様な条件付けをする理由は、この樹液シート治療は体内アレルゲンを体外に排出させる事によりアトピー性皮膚炎症状を発症できない状態にするものです。
 ですから、アレルゲンが体外に排出された場合、皮膚上でアレルギー反応(アトピー症状)を示す事があります。


 そのアレルギー反応が、本当に体内から吸い出されたアレルゲンによるものであり、どの様な経過を辿って症状が消失するのかを順序よく把握頂く為です。



 なお、アトピー性皮膚炎軽症患者やアレルギー反応が低いアトピーの方は樹液シートを使用しても炎症はでません。
 樹液シートを使用して、問題なくアトピーが治まったなどのお声は、500件弱投稿が御座います樹液シートお客様のお声で直接ご確認ください。 ⇒ 樹液シートお客様のお声


 ※人体寺及び樹液シート通販の認識するアトピー重症患者とは、本Webサイト掲載写真程度を指します。
 アトピー患者様でご本人が重症と思われている場合も、私達には軽症や普通程度との認識が多いです。
 樹液シート治療について、あまり怖がる必要は御座いません。


h.e様 2011年8月 アトピー性皮膚炎治療経過 初月目


2011-08-03
使用商品:【お試品】各種樹液シート 20枚セット

 3種類のグレードを試せる各種樹液シート20枚セットを買いました。
 それぞれのグレードが試せてとても良かったです。

 一番効果が高いと言う竹酢樹液シートは、濡れるのも早く確かに高グレードだと感じました。しかし皮膚にピリピリと刺激があったので、もう少しアトピー性皮膚炎が治って浸出液が出なくなってから注文しようと思います。

 中間グレードの樹液シートも竹酢樹液シートと同じ位満足しました。
 しかし、一番マイルドな木酢樹液シートでも十分によく濡れるので、まずは値段が安くて沢山使える木酢樹液シートを追加注文する事に決めました。

 どのグレードの樹液シートも気になっていたので、3種類のグレード試せてとても良かったです。




2011-08-03
使用商品:【お試品】温感木酢樹液シート 20枚セット

 アトピー性皮膚炎の肌に使用した後に、痒みが出難いと言う事で買ってみました。

 温感木酢樹液シートは、唐辛子成分(カプサイシン)が入っていると書いてあって、以前、子供が生け花の観賞用の唐辛子を触ってかぶれたので少し心配だったのですが、使ってみても問題ありませんでした。


 自分で使ってみた所、普通の木酢樹液シートでも温感タイプでも両方大丈夫だったので、結局普通の木酢樹液シートを追加注文に選びました。

 樹液シートに使用される添加物は、少ない方がアトピー性皮膚炎には安心なので。
 ですから、できるだけシンプルな樹液シートを選んでしまいます。



2011-08-11
使用商品:木酢樹液シート 20枚セット

 最初はドラッグストアで売っている他社製品樹液シートを使っていたのですが、品質が良さそうだったので有限会社わんわんの樹液シートを試してみました。
 有限会社わんわんの樹液シートを使ってみて、改めて樹液シートの濡れ方や使った翌日の体調の良さなどから、こちらの樹液シートを使い続ける事に決めました。


 樹液シートの値段が安い事も選んだ理由の一つではありますが、樹液シートの効果がより高い事が何より重要です。

 また、お店の方が些細な疑問にも気軽に相談にのってくれます。
 そのお返事がとてもプロフェッショナルである事、聞いた以上の事を教えてもらえてとても助かりました。

 分からない事は、「それについては分かりません」とちゃんと答えてくれるのも好印象です。


 樹液シートだけでアトピー性皮膚炎が治るとは思いませんし、自分の生活を正す事が何より重要ですが、樹液シートは大きな助けになってくれています。

 もうこれ以上頑張れない、と思っていた所に樹液シートを使い始めて、とても救われました。
 これからも樹液シートを使い続けますし、良い食事と良い生活をして、出来るだけ早くアトピー性皮膚炎から解放されたいです。



2011-08-13
使用商品:【お試品】粉末木酢樹液シート

 おまけについていた中間グレードの粉末樹液シートが良かったので、粉末木酢樹液シートも試しに買ってみました。
 最初に使った、おまけに頂いた粉末樹液シートの方がグレードが高かったので、ちょっと効果に物足りなさを感じました。

 粉末木酢樹液シートにかぶれたりしなかったので、今度は中間グレードの粉末樹液シートを買おうかなと思っていますが、まだ使い始めて1カ月も経っていないので、粉末木酢樹液シートで十分でしょうか?

 値段は粉末木酢樹液シートの方が安いので、どちらでも効果が変わらなければ粉末木酢樹液シートでもいいのですが、ちょっと物足りなかったような気もするし。

 中間グレードの粉末樹液シートでも特に刺激は感じなかったので、効果が高いのだったら、少々お値段が上がってもそっちにしようかなぁと悩みます。



2011-08-16
使用商品:【お試品】粉末竹酢樹液シート

 粉末竹酢樹液シートを使ってみました。
 粉末竹酢樹液シートは、流石の一言です☆

 凄く沢山の浸出液が出ました。
 今までこんなに出た事は無い!と言う程出ました。

 皮膚への刺激も無く、とても良いです!


 粉末竹酢樹液シートを使い続けたいのですが、最近蕁麻疹がちょこちょこと出ます。

 樹液シートを使って無い部分ですが、腕とか、太ももとかに、お風呂上がりにだけ蕁麻疹が出ます。
 蕁麻疹は、放っておいたら30分位で治ります。


 樹液シートが直接の原因では無いのですが、デトックスで身体全体が敏感になっているのかもしれません。

 ですから、粉末竹酢樹液シートは1袋使い切ったら一旦休止します。

 その後少し休んで、マイルドな粉末木酢樹液シートを使い、その後に中間グレードの粉末樹液シートを使用。それからまた粉末竹酢樹液シートを使って・・・とローテーションで使おうかと思っています。


 質問ですが、粉末木酢樹液シートと粉末竹酢樹液シートを混ぜて使うのも良いのでしょうか?



2011-08-20
使用商品:粉末竹酢樹液シート

 樹液シートを使い続けて、よほど酷い炎症でなければステロイド無しで自然治癒力で治るようになりました。
 お肌の調子が良いので、運動や半身浴、岩盤浴等で更なるデトックスにチャレンジできる様になってきました。
 その結果、ますますアトピー性皮膚炎が治って行ってます。

 浸出液の吹き出し現象で炎症が一番酷い時は半身浴も出来なかったし、岩盤浴なんてとても無理で、運動もままならない事もありました。

 アトピー性皮膚炎の炎症が酷ければ、それだけデトックスが必要になります。それなのに皮膚のトラブルのせいで、デトックスの為の運動や半身浴ができないと言う状態でした。

 ですから、貼るだけで体内からアレルゲンを出せる樹液シートのおかげで本当に救われました。


 まだ樹液シートを使い始めて1ヶ月も経ってないのですが、凄くアトピー性皮膚炎が治ってます。
 ありがたいです。
 汗をかきやすいく、樹液シートの機能しやすい夏に始めたのも良かったと思います。


 藁にもすがる思いで樹液シートを試してみて良かった。

 食事も運動も鍼灸院通いも頑張って、これ以上何をしたら良いのか?

 でもアトピー性皮膚炎が治る為には何かが足りない・・・と感じていた時に、樹液シートを使ってみて、その効果に驚きました。
 私のアトピー性皮膚炎治療には、「デトックス」が足りなかったのだ、とハッキリわかりました。

 アトピー性皮膚炎が治って欲しいとばかり考えて、アトピー性皮膚炎の原因であるアレルゲンとは何なのかと言う事も知らなかった。
 そんな事も調べて勉強して、重金属や農薬や環境ホルモンなど、身体によくない物が溜まって、それを出そうとしているのがアトピー性皮膚炎やリウマチや癌なのだと言う事を知りました。

 アトピー性皮膚炎になってなければ、歳とった時にリウマチや癌になっていたかもしれない。

 今はアトピー性皮膚炎完治は副産物としてついてくる、何よりも身体に溜まった毒を出す事が重要なのだと考えています。
 アトピー性皮膚炎を治す為に始めたデトックスですが、色々と知識が増えて、今ではデトックスそのものが目的に変わりました。



前のアトピー性皮膚炎治療経過           次のアトピー性皮膚炎治療経過

2011年08月 治療経過 1ヶ月目
2011年09月 治療経過 2ヶ月目
2011年10月 治療経過 3ヶ月目
2011年11月 治療経過 4ヶ月目
2011年12月 治療経過 5ヶ月目
2012年01月 治療経過 6ヶ月目
2012年02月 治療経過 7ヶ月目
2012年03月 治療経過 8ヶ月目
2012年04月 治療経過 9ヶ月目
2012年05月 治療経過 10ヶ月目
2012年06月 治療経過 11ヶ月目
2012年08月 治療経過 13ヶ月目
2012年09月 治療経過 14ヶ月目


このページの先頭へ

  • サイトマップ
dummy dummy dummy dummy