アトピー性皮膚炎治療前後の写真

h.e様 アトピー性皮膚炎治療経過 5ヶ月目



 2011-12-28の内容で、『子供の鼻づまりや痰にも効きます。』との記載があります。

 痰(タン)と言えば、喘息(ぜんそく)を思い浮かべます。


 喘息もアレルギー性疾患ですが、喘息はアレルゲンを喉から排出する生理現象です。
 (アトピー性皮膚炎は、皮膚からアレルゲンを排出する生理現象です。)

 ですから、喘息患者の方が樹液シートを使用し、体内アレルゲンを排出すると喘息症状も無くなります。


h.e様 2011年12月 アトピー性皮膚炎治療経過 5ヶ月目


2011-12-06
使用商品:粉末竹酢樹液シート

 粉末木酢樹液シートが余っているので、それと粉末竹酢樹液シートを混ぜて使っています。
 アトピー性皮膚炎の方は、おかげさまで本当に治ってきました。


 しかし、浸出液はまだ出ていますし、樹液シートを止めるととたんにアトピー性皮膚炎症状が出るので、まだまだ体内にアレルゲンが溜まっているのだと思います。

 でも、食事も少しずつ、お肉を1切れとか、卵を週に1回とか、普通の人のように食べられる物も増えてきました。
 何より、肌が綺麗になった事、普通の人と同じように、当たり前の生活が送れる事に感謝です。

 今年は酷いアトピー性皮膚炎になって最低な年でもありましたが、食事改善やデトックスを始めて本当の健康とは何かという事を勉強できて実り多い年でもありました。


 来年も生活改善と樹液シートで、気長にアトピー性皮膚炎治療を続けます。
 こうなったら、完全にアトピー性皮膚炎治してしまいたいので、体内のアレルゲンを全て出し切ってしまうつもりで、根気よく取り組みます。

 夫の花粉症や、子供がこれから大きくなって思春期のニキビ対策や、もしかしたらアトピー性皮膚炎も出るかもしれませんし、そんな時は生活改善とともに、樹液シートというアイテムがあるので心強いです。

 こちらのお店(樹液シート専門店 樹液シート通販,有限会社わんわん)と出会えた事が今年一番の収穫でした。

 年末セールのお知らせもありがとうございました。
 「注文が殺到した場合、発送が遅れるかもしれません」と書いてありましたが、それは困りますのでセールに関係なく、いつも通り在庫が少なくなったら買い足すつもりではいますけれど、セールの時にも少し余分に買っておこうかなと楽しみにしています。



2011-12-28
使用商品:樹液シート 20枚セット

 自分は竹酢樹液シートを使っていますが、こちらの樹液シートは4歳の子供用です。
 起きてる間に貼ると嫌がるので、寝てしまってから貼ってます。
 朝はやっぱりよく出てます。

 0歳の頃に酷いアトピー性皮膚炎になって、強酸性水とステロイドで治してしまいました。
 その後は、しっかりと食事管理をしていたのでアトピー性皮膚炎は出ていないのですが。

 しかし、4歳になるとスーパーに行くとお菓子が欲しいとか言うようになって、ときどき食べるようになりました。
 普段は買い物には一緒に連れて行かないようにしているのですが、たまに都合がつかなくて、やむを得ず買い物に一緒に連れて行くと、お菓子を買ってしまい、食べるとその日の夜には軽い乾燥や痒みが出ますので、そう言う時に貼ってます。


 アトピー性皮膚炎症状が軽いうちに対処するので、ステロイドは殆ど使ってませんが、必要を感じたらステロイドも厭わずに使っています。

 樹液シートはアトピー性皮膚炎にも効きますし、子供の鼻づまりや痰にも効きます。
 これだけで治るって言う事は無いのですけど、アトピー肌には保湿をしたり、鼻や痰は耳鼻科で吸引してもらったりしてますが。

 でも、薬で症状を抑えつけるだけじゃなくて、身体が毒を出そうとしてるのをデトックスをして少しでも手伝えたらと思って樹液シート使ってます。

 子供は身体が小さいから、溜まっているアレルゲンも量が少ないって聞きました。
 大きくなって大人アトピー性皮膚炎になったら、体内に溜まってるアレルゲンの量も多いのでアトピー性皮膚炎を治すのが大変です。

 子供のうちに、可能な限り、アレルゲンを体外に出してあげたいと思っています。



2011-12-30
使用商品:竹酢樹液シート 20枚セット

 こちらの竹酢樹液シートは、自分用です。

 最初は、どのグレードの樹液シートでも効果は変わらなかったのですが、最近は木酢樹液シートでは効果を感じられなくなってきました。

 中間グレードの樹液シートでも良いのですが、竹酢樹液シートでも肌荒れなどしなくなったので昼間はこちらを使っています。

 おかげさまで、アトピー性皮膚炎はかなり良くなってきました。
 毎日樹液シートを使って、食事さえきちんとしていればステロイド要らずです。


 鍼灸院の先生に久しぶりに会ったら、顔がすごくキレイになってると言って驚かれました。
 体内のアレルゲンを樹液シートで出す、アトピー性皮膚炎治療と言う考え方にはビックリされていました。

 食事は、殆どの物は量が多すぎなければ食べても大丈夫になってきました。
 来年度は樹液シートでのデトックスももちろん継続しますが、運動をがんばって胃腸を強くして、消化力と排泄力をつける事で胃腸の中からもアトピー性皮膚炎を予防したいです。

 よく噛んで食べる、腹八分目など健康の為の基本を今一度おさらいしていきます。

 樹液シートですが、以前は両足に6枚、両手に2枚、背中4枚、お腹2枚、顔2枚・・・など体中に貼っていたので、経済的にもとても大変だったのですが、今は昼間は足裏に2枚ずつ計4枚のみで十分足りています。
 消費量が減ったので、竹酢樹液シートにグレードアップできたと言うのもあります。


 以前は、朝に貼るとお昼にはもう樹液シートの横から漏れてくる程だったのに、今は午後3時位までは漏れてきません。
 体内のアレルゲンは確実に減ってきているように感じます。


 最近は、デトックスの為に岩盤浴に行ってもあまり出なくなりました。
 以前は、汗のほか、ガスのようなものも毛穴から出ていたし、汗のほかに何か分からないですが、体液というか、身体に溜まっていた余分な水分が、どんどん出ていっていたのですけど。

 以前は岩盤浴に行くとスッキリしたと感じていたのですが、最近は出るものも減ったし爽快感も無くなりました。
 汗と一緒に出るものに関しては、デトックスが終わったのかもしれません。

 樹液シートは、岩盤浴で汗と一緒に出せるデトックスとはまた違いますね。
 じっくりと確実にアレルゲンを引き出してくれます。



このページの先頭へ

  • サイトマップ
dummy dummy dummy dummy