アトピー性皮膚炎治療前後の写真

h.e様 アトピー性皮膚炎治療経過 9ヶ月目



 樹液シート専門店の竹酢グレードは効果の高い商品ですが、吸い出されるアレルゲン量も多い為に炎症も強く出る傾向があります。

 ですから、なるべくは低グレードの木酢グレードをお使い頂き体内アレルゲンを排出させるのが良いです。


 しかし、入ってくるアレルゲンよりも排出されるアレルゲン量が多いとアトピー性皮膚炎症状は治まりません。
 その場合は、性能の高い樹液シートを使う事もやもえないです。



 h.e様の場合は、アトピー性皮膚炎症状が治まってきた事もあり、胃腸の調子が戻っていない状態で食事の管理をおろそかにした事により悪化している事が後の書込から把握できます。


h.e様 2012年4月 アトピー性皮膚炎治療経過 9ヶ月目


2012-04-07
使用商品:粉末竹酢樹液シート

 いつもお世話になっております。

 先日アドバイスして頂いた「粉末タイプ樹液シートのグレードを落として、肘・膝にシートタイプの樹液シートを追加で貼る」方法を試してみました。
 しかし、落ち着いていた顔や背中・お腹のアトピー性皮膚炎が悪化し、寝つきが悪くなり夜中に何度も目が覚め、朝の目覚めも悪く1日中ぼーっとして運動も家事もままならなくなりました。


 シートタイプの樹液シートを貼った肘・膝は、事前にアトマイザーで少し濡らしてから貼ったのですが、殆ど浸出液が出ませんでした。

 肘と膝は、それまで綺麗に治っていたのですが、シートタイプの樹液シートを貼ったのが刺激になったのか、急に痒くなりアトピー性皮膚炎が出てしまいました。
 そう言う訳で、今は顔・背中・お腹・腕・脚と、全身アトピー性皮膚炎が悪化してしまっている状況です。


 アトピー性皮膚炎も悪化したのですが、寝つきが悪くなり疲労が取れない事が辛くてアドバイスしてもらった方法ではとても耐えられなくなりました。
 そこで、3日程前から以前の粉末竹酢樹液シートに戻したら、その日からいきなりぐっすり眠る事ができました。


 背中・お腹・腕・脚のアトピー性皮膚炎は今もピリピリと痛いですが、顔の方は今朝から少し治まってきたようです。
 粉末竹酢樹液シートは確かに値段が高いですが、樹液シートのグレードを落とした事でアトピー性皮膚炎が悪化して、ステロイドや痒み止めの薬を追加で買うはめになりました。

 ですから金銭的にも効果的にも、やっぱり粉末竹酢樹液シートを使用して手先と足先からアレルゲンを抜くのが一番良い様な気がします。


 粉末竹酢樹液シートでも浸出液の量はかなり減ってきていますので、昼間に足裏に貼っているシートタイプ樹液シートを2枚から1枚に減らしました。

 昼間は樹液シートを貼らないで過ごせる日も増えてきています。
 これからは夜の粉末竹酢樹液シート1本で行こうかと考えています。




2012-04-07
使用商品:樹液シート 20枚セット

 家族用に購入。

 アトピー性皮膚炎体質の子供が、お菓子を食べ過ぎた日に予防用に貼ります。
 肌はとても綺麗ですが、やっぱりお菓子を食べ過ぎるとその夜や次の日に痒がるので、アトピー性皮膚炎が表面化する前に使います。

 樹液シートを貼った翌朝は、起きると凄く機嫌が良いです。
 子供でもやっぱり樹液シートを使用するとスッキリするみたいです。

 花粉症の夫は、効いてるのかどうかよく分からないと言ってますが、そのわりには自発的に樹液シートを貼ってます。



このページの先頭へ

  • サイトマップ
dummy dummy dummy dummy