アトピー性皮膚炎治療前後の写真

176様 アトピー性皮膚炎治療経過



 176様は、非常に電話でのご相談が多い方でした。

 ご相談内容から、176様は別の治療法も行っているのが把握できました。
 どうも、そちらの治療法をされている方から『樹液シートは良くない。樹液シートを使用して見た目が悪化しているのはそのせいだ!』と言われている様に推察できました。

 176様は、板挟み状態で相当困惑されているのが覗えます。
 そこで、有限会社わんわんからのお答えは下記の様に致しました。



 『弊社の言う事を信じちゃ駄目ですよ。嘘言ってるかも知れませんよ?

 商売している所は、必ず自分の所が一番だと言います。だから信じちゃ駄目ですよ。



 流石に、176様も絶句されておりました。


 有限会社わんわんにご相談頂くと、漏れなくこの様なざっくばらんな回答が返ってきます。(怒っては無いですよ。笑。)


 物事には、必ず理論的な説明ができます。

 例えば、自身の勧める治療法の説明をする際の良い事柄にしても、他の治療法の悪い所にしても具体的且つ理論的な説明がされているかが重要です。



 例えば、樹液シートを使用すると吸い出されたアレルゲンにアレルギー反応を示して、見た目の炎症が酷くなります。


 この際の販売店の説明は、『樹液シートによって吸い出されたアレルゲンによって引き起こされている。』程度の説明でしょう。

 ですが、本当にそうなのか? 樹液シート成分にアレルギー反応しているだけでは無いのか?
 この辺りの判断が、使用者にはできませんよね?

 この辺りの説明が、具体的且つ理論的な説明にあたります。


 有限会社わんわんの場合は、樹液シート成分でアレルギー反応を示しているのか、樹液シートで吸い出されたアレルゲンでアレルギー反応を示しているのか判断できる実験方法まで説明しております。
 この辺りが、情報の信頼性では無いでしょうか?


176様 アトピー性皮膚炎治療経過


2010-06-28
使用商品:木酢樹液シート 20枚セット

 この商品の使用目的はアトピー性皮膚炎の治療です。

 まだ使い始めたばかりで効果は判りませんが、少しでも症状が良くなれば良いなと思い、試している所です。


 先日は、おまけのサービスを付けて頂き有難う御座いました。

 本格的に樹液シートを使い出してからは、両足共に太ももから足首まで5、6枚ずつ、両腕も上腕部と前腕部に4枚ずつ貼っているので大変嬉しかったです。


 また、アトピー性皮膚炎の症状に変化が出たら相談します。

 今後も宜しくお願いします。



2010/7/06 メール内容

右手甲のアトピー性皮膚炎症状です。 左手甲のアトピー性皮膚炎症状です。
 写真の症状ですが、特に『ももから足先』と『肩から手先』にかけて皮膚が硬いです。


2010/7/22 メール内容

 最近、アトピー性皮膚炎の痒みが発した時の症状がとんでもない為に不安になる事が多いです。

 こんな事は初めてだったのですが、昨日は一睡もできなかったです。
 今朝まで痒みと戦っていました。

 なんとか、仕事に行く時までには痒みが治まったので安心しましたが…。


 また、今日は仕事中大汗をかきましたが全く痒くなかったのです。

 その日その日で痒みのレベルが全然違います。
 これはどの様な事なのか、何が違うのか自分で考えても答えがでません。


 ちなみに、これは昨日膝から足までで脱皮した皮膚です。

膝から足までで脱皮した皮膚です。

 多い時は、両手で掬う位剥け落ちます。汚い物を見せてすみません。



2010-07-27
使用商品:木酢樹液シート 20枚セット

 最近は、お腹や背中に樹液シートを貼っています。
 しかし、仕事が朝早い為に貼っている時間が5、6時間しか取れないので樹液シートの粉が溶けずに結構残ってしまいます。

 なので、樹液シートを使う時は週末だけにしました。


 1つ質問ですが、自分の場合皮膚の炎症は無く極度の乾燥肌です。
 ですから、よく痒くなる所に樹液シートを貼っています。

 その場合は、体の何処に貼るのが良いとかありますか?



2010-09-15
使用商品:粉末木酢樹液シート

 1ヶ月位前から、粉末タイプの樹液シートの効果が現れてきました。

 象の肌の様に固かった皮膚も、最近は柔くなり乾燥肌程度になりました。
 まだまだ油断禁物ですが、治療を続けて行きますので今後とも宜しくお願いします。



2010-10-20
使用商品:粉末木酢樹液シート

 樹液シートを、アトピー性皮膚炎治療に使い始めて4ヶ月が経ちました。
 相変わらず調子は良いです。


 今は腿から足首までと、右肘の内側、右手首がまだ皮膚が硬く保湿剤を塗らないと乾燥して痒いです。
 しかし、以前と比べれば全然回復している状態です。

 生活にも仕事にも支障がなくなりました。


 アトピー性皮膚炎との因果関係を見る為に、晩酌を止めて3ヶ月です。

 大分、自分の因果関係が分かってきました。
 酒に関しては、飲み会の時は付き合いで飲みますが、飲んだ2日後は肌の乾燥が酷く、少々痒みが酷くなり脱皮の量が増えます。


 最近は、禁煙にも挑戦しています。
 これで肌が変われば幸いなので試してみます。



2010-12-18
使用商品:粉末木酢樹液シート

 樹液シートを、アトピー性皮膚炎治療に使い始めて半年が過ぎました。


 今月はお酒を飲む機会が多い為か、肌も悪化する結果が出ています。
 しかし調子は良いと思います。

 やはりこの事からも、自分はアルコールがあまり身体に合っていないかなと思います。


 禁煙に挑戦して2ヶ月が経ちました。
 禁煙については、アトピー性皮膚炎は目に見えて良くなってる感じではありません。

 悪くなる事は無いと思いますが…。


 アルコールを控えた時の方が、体調すぐ反映されたので判りやすかったです。

 でも、まだ禁煙を続けるつもりです。



2011-05-31 メール内容

 使用する粉末タイプのグレードを、中間グレードに変更して約2週間試してます。
 効果は、木酢タイプより中間グレードタイプの方が治療効果が上がりました。

 濡れかたも違います。
 やはりグレードが高いのは治療効果も高いと思います。


 それから、昼間でもシートタイプの樹液シートを足の裏だけに貼って生活や仕事をする事に挑戦しました。
 すると、肌の状態が大分良い方向に変わりました。

 樹液シートを貼る枚数と時間が増えたので、治療効果が現れました。


 肌の状況は、相変わらず飲酒すると痒みや乾燥するし、禁酒すると一週間位で症状も良くなります。


 半年位中間グレードを使用してみて、肌の状況があまり変わらないなら竹酢グレードを試そうと思ってます。



2011-08-06
使用商品:樹液シート 20枚セット

 仕事中は、中間グレードの樹液シートを足の裏だけですが、ほぼ24時間使用しています。
 足の裏だけでも使用しないのよりは、アトピー性皮膚炎の調子が全然良いです。


 参考に、自分は樹液シートを日中も使用する時は、樹液シートの上にキッチンペーパー5枚位重ねて、100円の医療用テープで固定して使用しています。
 すると靴下が汚れ難いです。



2011-12-11
使用商品:樹液シート 20枚セット

 樹液シートを、木酢グレードから中間グレードに替えて約半年間ほど経ちました。


 自分は脱ステロイドして3年半経ちました。
 脱ステロイドして、1日の中で1番辛い時は寝起きです。

 肌が乾燥して干からびている状態なので、なんとも言えない気持ち悪さでした。


 寝起きは、必ずシャワーを浴びて体に保湿剤を塗らなけば行動開始できない日々が続きました。

 それが今年の夏より無くなりました。
 普通にスッキリと目覚めて、保湿剤無しで行動できるまで回復しました。

 本当に嬉しい限りです。


 これから乾燥時期なので、また少しずつ乾燥肌になって行くと思います。
 しかし、1年前のこの時期と比べると全然良くなってます。

 今後も、宜しくお願いします。



2012-02-07
使用商品:竹酢樹液シート 20枚セット

 お世話になってます。

 木酢グレード、中間グレード、竹酢グレードと樹液シートを試してきました。
 やっぱり、濡れ方は竹酢グレードが一番良いです。


 身体の方は、私生活や仕事上なんの問題も無くやれてます。
 一年前のこの季節は、まだ辛い日々を送っていました。

 この時季は忘年会、新年会と飲み会が多いのと、季節的に汗をかかない為にアトピー性皮膚炎症状が酷くなります。
 それを覚悟したいたんですが・・・。

 全然大丈夫です。
 周囲からも、「肌が綺麗になってるね」と言われる様になりました。

 本当に嬉しいかぎりです。


 たくさんのおまけを送って頂き有難う御座います。
 購入した半分の量を付けて頂いたので助かっております。

 まだまだお世話になると思いますが、今後も宜しくお願いします。




2012/10/10 メール内容

2010年7月6日頃の症状
2011年3月位からこの状態を維持
右手甲のアトピー性皮膚炎症状です。 現在の右手症状です。
 

 176様は、半年以上樹液シートを使用しなくても、この程度の症状で済む状態に回復しております。

 手には、薬は付けておりません。



2010年7月6日頃の症状
2011年3月位からこの状態を維持
左手甲のアトピー性皮膚炎症状です。 左手甲の現在の症状です。
 

 176様は、半年以上樹液シートを使用しなくても、この程度の症状で済む状態に回復しております。

 手には、薬は付けておりません。




このページの先頭へ

  • サイトマップ
dummy dummy dummy dummy