アトピー性皮膚炎治療前後の写真

花様 アトピー性皮膚炎治療経過 5ヶ月目



 樹液シートを使用したアトピー性皮膚炎治療で、結果を出せるか出せないかは、続けるか続けないかです。

 単純明快ですが、これが全てです。
 体内アレルゲン量が減らないと治療効果が出ないので当然です。



 花様の手記をご覧頂いても、どの位真剣に取り組まれているかが把握できると思います。

 また、粉末タイプの樹液シートを活用する方も多いです。
 粉末タイプの活用に関しては、アトピー治療への取り組み姿勢が出る様に思います。


 ※注意 花様のアトピーは、体内アレルゲン量も非常に多く、アレルゲンもアレルギー反応が高い物質です。
  通常のアトピー患者の方は、ここまで酷い状態にはなりません。


花様 2011年12月 アトピー性皮膚炎治療経過 5ヶ月目


2011-12-25
使用商品:粉末ビタミンC誘導体樹液シート

 いつもお世話になっております。

 粉末タイプの樹液シートで、娘のアトピー性皮膚炎治療を始めて4ヶ月半になりました。

 1日3回両手足に粉末を使用し続けています。
 毎日、1日平均14時間半の使用で、治療に専念しています。


 最初、1日で使用粉末重量を差し引いて300g以上ビニール袋に出ていた液は、11月で100gを切り、現在は60~70g位です。

 湿疹は、ほぼ全て消えました。
 10年以上前からある湿疹だけが、まだ出たり退いたりしています。


 手足の先がゴワゴワに乾燥していましたが、厚みが薄くなり、足の甲には少ししっとりした部分が出来てきました。

 手の平が手相の筋に沿って割れて、赤く身が見えているのが痛く、悩みの種でしたが、12月に入ってやっと塞がりました。



 粉末をかけた時の刺激は、まだ何とも改善されません。
 1時間程は、痛みの為にダンゴムシのように丸まっています。

 早く楽に治療できるようになると良いのですが‥。



 現在、爪の状態が気になっています。
 木酢液で茶色に染まるのは仕方ないかと思います。しかし、爪がかなり脆くなっています。

 伸びるのが早いか、欠けるのが早いか‥です。


 足の親指は両方とも真ん中位までしか、正常な爪がありません。
 これは爪からも何か吸い出されて、サクサクの状態になっているのでしょうか?

 粉末に負けない丈夫な爪が生えてこないかなぁと思っています。



 この樹液シート治療を始めてから、長年の頭痛も無くなり、体のだるさも取れたとの事です。
 3カ月間勉強はストップしてしまいましたが、12月から少しずつ始めています。

 最近は、計算ミスが減ったそうです。
 体が楽になってきているのが、こんな所でも良く分かり感謝しております。


 来年もどうぞ宜しくお願いします。

 樹液シートで治療する人が、早く健康を取り戻せますようにお祈りします。
 皆様どうぞ良いお年をお迎えください。



このページの先頭へ

  • サイトマップ
dummy dummy dummy dummy