アトピー性皮膚炎治療前後の写真

花様 アトピー性皮膚炎治療経過 12ヶ月目



 アトピー性皮膚炎による色素沈着は、炎症などから起きています。

 ですから、体内アレルゲンを抜いてあげると色素沈着も薄まってきます。
 最終的には、色素沈着が解らない位になると思います。


花様 2012年7月 アトピー性皮膚炎治療経過 12ヶ月目


2012-7-4 メール内容

 お世話になります。

 手足先のビニールを外している時間に掻いても、あまり皮が剥がれ落ちないようになりました。
 粉が若干落ちる程度です。


 ガサガサの皮膚が治るのは時間がかかりますが、着実に前進しています。

 首やほかの場所まで樹液シートを増やすと、暑くて苦しいと言いますので、肘膝に2枚ずつと額に1枚です。
 額に中間グレードの樹液シートを、時々使っています。

 赤くなってひりひりしたら、休んだり、木酢グレードに戻したりして様子を見ています。



 体全体が茶色かったのが、だんだん色が薄くなってきました。

 腕は白っぽく、手の甲はピンク系(以前は黒っぽい臙脂系)、手首はまだ薄黒い感じです。
 手首は巻いた紙の下になってしまって、粉で吸出せないからかと思います。

 でもここも、この1か月でだんだん黒さが薄くなってきました。

 よかったです。



このページの先頭へ

  • サイトマップ
dummy dummy dummy dummy