アトピー性皮膚炎治療前後の写真

アト貧様 アトピー性皮膚炎治療経過



 アト貧様のお声をお読み頂くとお分かり頂けると思いますが、手先と足先に粉末タイプの樹液シートをメインに使用されておりました。

 ですが、樹液シートを使用した事の無い『ガサガサして樹木肌の様だった首』が、滑らかになってきています。
 この現象は、どの様な事かご理解頂けますか?



 

 例えば、ステロイドの内服薬を飲めば身体全体のアトピー性皮膚炎症状は治まります。

 しかし、同じステロイドでも外用薬の場合は塗った(使用)場所にしか効果はでません。


 

 手先と足先に樹液シートを使用して首の症状が改善するのは、体内アレルゲンを手先と足先から抜いている為です。

 樹液シートで体内アレルゲンを抜く場合は、抜いている場所(皮膚)が体内に存在していたアレルゲンで浸される為、使用後に炎症や酷い痒みが起きます。

 一見、アトピー性皮膚炎が悪化した様にも見えますが、体内に在ったアレルゲンが体外に排出されたので実際のアレルギー反応量は減っています。


 これを繰り返して行くと、体内アレルゲン量が減ってくるのでアトピー性皮膚炎症状も出なくなってきます。
 その症状変化も、アト貧様のお声から読み取れます


アト貧様 アトピー性皮膚炎治療経過


2011-09-27
使用商品:【お試品】温感木酢樹液シート 20枚セット

 こまめなアドバイスに感謝しております。

 私は、基本的に粉末タイプの樹液シートを使用しています。
 しかし、日中の使用にはシートタイプの樹液シートを足裏に貼っています。

 中間グレードの樹液シートにしてからシートが濡れる様になったので、足裏にはこちらを選んで正解だった様に思います。


 アトピー性皮膚炎症状が一番酷く出ている手には、粉末が浸みて痛く感じる時があります。

 掻き壊しの傷がある為だと思いますが、傷が落ち着くまで使用するグレードを下げる事を助言頂き、実行しました。
 確かに助言通り刺激が少なくなったので、適材適所を実感しました。


 使用する様になって2週間なので全体的にはまだまだですが、悩みだった痒みが嘘の様に治まっています。
 その為に掻き壊しによる悪化が無くなり、真っ赤でガサガサしていた首が滑らかになってきている事が続ける励みになっています。



2011-10-06
使用商品:ヒアルロン酸樹液シート 20枚セット

 昼間のお手入れに、シートタイプの樹液シートを足裏に貼っています。

 使い始めた当初は、あまり濡れないので不満でした。
 しかし、先にシートに水を噴霧してからと言うアドバイスに従いましたら、ちゃんと濡れる様になりました。


 使い始めは、土踏まずの部分だけに貼っていました。

 ですが、長い時間、広範囲に使用する方が効果的だと言う事です。
 その為に、最近は固定シートを2枚繋ぎ合わせて、2枚樹液シートを置いて足裏全体に貼って一日過ごしています。

 ヒアルロン酸の効果は解りませんが、アトピー性皮膚炎症状の出ていない足裏から排毒できるのが、使用後のアレルゲン排出による炎症負担が一番軽くて私には向いています。




2011-10-06
使用商品:粉末タイプ樹液シート用 計量スプーン

 粉末タイプの樹液シート使用時に、普通のスプーンを使っていました。

 しかし、平らな容器から掬いだす時に若干やり難かったのでこちらを購入しました。


 先端が平らになっているので、少なくなった時などとても使い易いです。



2011-10-22
使用商品:粉末木酢樹液シート

 少しでも早くアトピー性皮膚炎治療効果を実感したくて、中間グレードの粉末タイプを手に使用した時の事です。

 今までに無い位の痛みが生じて、なかなか眠る事が出来ず、いっそ洗い流してしまいたい位の体験をしました。


 私は手のアトピー性皮膚炎が一番酷いので、手に樹液シートを使う事自体が過酷なのです。

 しかし、手に樹液シートを使用すると手の痒みが治まるので、夜中の掻き壊しが予防できる様になったのです。
 アレルゲンが樹液シートを使用している手から出て、その場所で炎症を起こす事を差し引いてもメリットがあると思ったので、あえて手に使用していました。


 それでも、その時の痛みは辛かったので相談した所、使用するグレードを下げた方が良いとの事で早速その様にしたら問題はすぐに解決しました。

 粉末木酢タイプは、手に少々の傷があってもその部分を保護(軟膏などを塗布)した後に使えば、全く痛みを感じる事なく使用できます。

 今は無理をせず、手には粉末木酢樹液シート、足には中間グレードの粉末樹液シートと使い分けて使用しています。



2011-11-16
使用商品:樹液シート 20枚セット

 樹液シートを使用始めて、2か月が過ぎました。

 使い始めの頃は、樹液シートを貼った場所が痒くなって掻きむしる事もありました。
 ですが、最近はその様な事が無くなりました。


 ガサガサして樹木肌の様だった首が、この頃では滑らかになってきて忘れていた肌の感触がよみがえって来た様です。
 ここまでには、数回の悪化と好転の繰り返しがありました。


 アトピー性皮膚炎部分に使用する事が効果的との話しでしたが、首に痒みが表れたら、ちょっと大変だろうなと予想したので、一度も首に直に貼った事はありません。
 ですが、使用していない首が綺麗になっています。

 樹液シートを使用している手足から、アレルゲンが抜けたのでしょうか?


 まだ両手はテカテカ、ゴワゴワしています。
 しかし、他の部分の肌は、掻いても破れる事がなくなりました。

 肌の感触が変わって来たのが解るので、治療を続ける励みになっています。



2011-12-29
使用商品:樹液シート 20枚セット

 樹液シートを使い始めて3か月が過ぎました。

 当初、あまりにも早く治療効果が出たので、これは呆気なく問題解決するのではないか?と、ちょっと拍子抜けしていましたが、現実は厳しかった・・・そんなに甘くはないですよね。


 夏は汗をかくと肌状態が悪化します。
 これは、アレルゲンが汗と一緒に排出されて、それが皮膚上で痒みの原因になっている様でした。

 季節が変わり、冬はとても乾燥して粉がふいた様になり、それで痒みが生じます。
 これは外的な問題なのかと思いましたが、内側に水分が不足しているからなのでしょうか。


 掻かない様には気を付けていても、やはり痒みに負けて掻いてしまいます。

 それでもかつての様に著しく肌が悪化する事は無くなりました。
 今は、足裏には樹液シートを一日中使って、手には粉末タイプを寝る時に使っています。


 どちらもしっかりと濡れますので、まだまだ出る物が在ると言う事なのでしょうね。

 樹液シートは、以前は足裏に貼る前にアトマイザーで水を吹きかけないと濡れませんでした。
 しかし、今はそのまま使用しても問題無く濡れる様になりました。


 粉末タイプは、今は寒いので足に使用するのはお休み中です。



2012-02-01
使用商品:粉末樹液シート

 粉末タイプの樹液シートは、手慣れてくれば使用後が楽ですね。


 これも最初の頃は、使用後に洗い流した直後は猛烈に痒くなったり、傷が滲みたり、結構痛い目に遭った事を思い出すと、今は本当に楽に使用できています。

 今ではそれ程多くはありませんが、毎朝きちんと茶色い液体が溜まっているので、手先からはまだまだアレルゲンを排泄している様です。
 爪がもろくて凸凹していますが、爪母の所がなめらかになってきたのは良い感じだと思います。




2012-02-01
使用商品:竹酢樹液シート 20枚セット

 樹液シートを使い始めて、4か月が過ぎました。

 足裏に竹酢樹液シートを使う様になってからはそんなに日にちは経っていませんが、問題なく使用できる様になりました。
 過去には使用時の刺激が強すぎて、使用を断念していた事を考えると、体内のアレルゲンが随分少なくなってきているのかな?と勝手に喜んでいる所です。

 竹酢樹液シートの効果は歴然としています。

 去年の冬は肌が粉が吹く程の超乾燥肌で、痒くて掻くとハラハラと皮膚が剥がれる位に酷かったのですが、今年は「そう言えば粉吹いていないかも?」と呑気に思い出す位まで肌状態が良くなっている様です。

 長年一番酷い状態の両手に関しては、時折痒くなったり、ムズムズして掻くと血が出たりする事はありますが、皮膚自体の感触が非常に良くなっているのが実感できます。


 これは自分の歴史での比較なのですが、肌の回復レベルは、かなりアップしていると思える程になっています。

 見た感じ、ごわついた感じはまだ否定できません。
 しかし、肌に触れると明らかに柔らかくなっているので、嬉しくて気持ちが上向きになっています。


 本当に長い年月の悩みであり、苦しい歳月だっただけに、この変化は何なの?と叫びたい位嬉しい現在のわたくしです。


 キャンペーンでまとめ買い出来た事も経済的に助かりますし、おまけに頂いた竹酢樹液シートには感激しました。
 お心尽くしに感謝しながら、成果を出そうと励んでいます。



2012-03-09
使用商品:樹液シート 20枚セット

 今年の春は、気持ちがかなり明るく前向きに色んな事を考えられる様になっています。
 こんな気持ちになったのは久しぶりです。


 それもこれも、間違いなくアトピー性皮膚炎の痒さから解放された事に尽きると思います。

 思えばこの10年余り、痒みや痛みと言う道連れが私から離れなくて、もうずっと一緒に暮らすのかな?と諦めかけていた所でした。


 自分なりに得た情報では、とにかく体の中から毒素を出すしかないと言う事で、地道に頑張ってきたのですが、なかなか思う様に行かなかったのです。


 運良くと言うか、本当にタイミング良くアトピー性皮膚炎の樹液シート治療に出会えた事に感謝したいと思います。

 物事を受け入れる時のタイミングと言うのは、なかなか難しいもので、仮に10年前、いえ、2,3年前にこの方法を知ったとしても私は取り入れなかったと思うのです。


 色々やって来た事が無駄になったとは思いません。
 多分その結果が今に繋がったのだと信じています。

 今は花粉が飛んでいるので、少し手荒れがしていますが、自分の歴史を振り返れば、どうって事ない反応だと思います。


 前は濡れ難かった中間グレードの樹液シートですが、今は問題なく濡れています
 代謝も上がってきたのでしょうかね。


 ニックネームはアトピー貧乏と言う事から付けたのですが、確実に成果が出ている現在は、「色々試したけれど、これも自分の人生」と笑い話にできそうな気がしています。



2012-05-25
使用商品:竹酢樹液シート 20枚セット

 母の日セールのお知らせを頂いたので、母の為に購入しました。

 むくみが少しでも解決すれば・・・と前に紹介して使用してもらった所、使った翌日はスッキリすると言われたので良さが解ってもらえたのだと理解して喜んでいました。


 アトピー性皮膚炎と違い、最初から竹酢樹液シートを使用しても問題無いとの事です。

 それに、効果を実感するには高グレード商品を使った方が良いのでは?と思う事もあって、竹酢グレードにした訳です。
 良い結果に繋がった様で贈り甲斐がありました。

 あまり押し付けても逆効果になると思ったので、気になった時に使えば?と伝えておきました。

 本人が納得して、本人のペースで使用することが一番だと思っています。


 私のアトピー性皮膚炎は随分良くなっている様で、最近は手に使用しても茶色い液体は溜まらなくなりました。

 手の症状は改善して来た様に思います。
 身体では部分的にまだ汗をかくと痒くなる所があるので、足には毎日使用しています。

 毎年悪化する夏の季節を無事に乗り切れれば、もう大丈夫ではないかな?と思う今日この頃です。




このページの先頭へ

  • サイトマップ
dummy dummy dummy dummy