アトピー性皮膚炎治療前後の写真

アトピー性皮膚炎 抗ヒスタミン薬治療法

アトピー性皮膚炎治療の抗ヒスタミン薬効果の出方



 抗ヒスタミン薬は、アトピー性皮膚炎治療には、一般的に使用される飲み薬(内服薬)だよね。

 この薬は、人体寺にとってアトピー性皮膚炎には効いているのか効いていないのか全く判らない代物だった。

 医者の話によると、抗ヒスタミン薬は3週間位は飲んでいないと効果があるのか無いのか判らない薬だそうだ。


 アトピー性皮膚炎患者にとって、3週間飲んで、


  『やっぱり効果ないですか?
  では、別の抗ヒスタミン薬をまたしばらく飲んでみましょうか?』


  なんて言われても困るんだけどね。

  早い所、痒みを緩和して欲しいんだから。


 抗ヒスタミン薬は各個人で効果が違うと思うので一概には言えないけど、痒みが止まるのならば飲めば良いんじゃないかなって思っている。

 ステロイド薬の外用薬は、皮膚上が薬の薬効範囲だよね。
 体内で起きているアレルギー反応は、外用薬ではできないでしょ?


 重症アトピー性皮膚炎患者の人は判ると思うけど、アトピー性皮膚炎が酷いと皮膚と言うより肉(皮膚より深部)が痒くない?
 更にアトピー性皮膚炎症状が重症になると、皮膚や肉が痒いと言うよりも、虫が這う様な感覚と精神的にダメージが来るからね。

 これらを抑えるのは外用薬では限界がある様に思う。
 だから、内服薬は必要だと思う。





抗ヒスタミン薬は、目的を持って飲む事を勧める



 ただし、抗ヒスタミン薬をだらだら飲んでいるのはお勧めできない。
 少なからず副作用も考えないといけないからね。だからと言って、よく居る副作用マニアみたいな拒否反応は示す必要は無い。


 アトピー性皮膚炎の根本的な解決策を進めながら、抗ヒスタミン薬等の内服薬を飲用した方が良いね。

 根本的な解決策の治療の一つとして、人体寺のアトピー性皮膚炎治療法を行う場合は、内服薬は飲んだ方が良い。
 ●●(読み進めると分かります)を使用するアトピー性皮膚炎治療は、吸出されたアレルゲンが皮膚上でアレルギー反応を示す。

 それが引き金となって体全体のアレルギー反応も高まる。
 ●●を剥した後は非常に痒みが出たりする。


 その為に、内服薬を飲んで体全体のアレルギー反応を抑える事を考えた方が得策。
 薬は、漠然と飲むのではなく自身の目的に対して効果的に使う事を考えた方が良い。

 ●●を使用してのアトピー性皮膚炎治療は、貼った場所以外のアトピー性皮膚炎症状も酷くなる人も稀に居る。


 だから、●●を使用してアトピー性皮膚炎治療を行う場合は、経験が豊富でサポートしてくれる場所で購入の方が安心だね。
 悪化したアトピー性皮膚炎症状を報告、場合によっては写真をメールで送って使用の中止等の判断も聞ける。

 ●●で悪化したアトピー性皮膚炎が辛い場合は、貼る場所の代案も提案してくれるし。


 お勧めは、■■(お店の名前)が良い。アトピー性皮膚炎等のアレルギー疾患の知識もあり問題があっても的確にフォローしてくれる。●●の性能も良い。




このページの先頭へ

  • サイトマップ
dummy dummy dummy dummy