アトピー性皮膚炎治療前後の写真

アトピー性皮膚炎 抗アレルギー薬治療法

アトピー性皮膚炎治療の抗アレルギー薬効果



 抗アレルギー薬は、人体寺がアトピー性皮膚炎治療薬の中で、最も気に入っていた薬だね。

 何故アトピー性皮膚炎治療薬の中で一番気に入っていたかって?
 それは、


 抗アレルギー薬は、飲んでからアトピー性皮膚炎の痒みを15分位で抑えられた薬だから。
 この痒みを抑える効果の感じ方は、アトピー性皮膚炎症状が酷い程感じられる。

 例えば、脱ステロイド(ステロイド離脱)時とかだね。


抗アレルギー薬は、脱ステロイド時は特に有効

 抗アレルギー薬は、アトピー性皮膚炎の痒みが酷い時ほど、痒みを緩和してくれる。

抗アレルギー薬は、酷い痒み程有効。



 痒みがそれ程酷く無い場合は、痒みをあまり緩和してくれない。

抗アレルギー薬は、痒みが酷く無い場合はそれ程効果を感じない。

 上図の様に、抗アレルギー薬の薬効は飲んだら一定(同幅)の痒み緩和効果を発揮するのでは無い。
 痒みが大きい程、痒みを緩和して痒みを感じない状態に近付けると言う事だね。

 上図で説明すると、上側の痒み緩和幅を必ず発揮する場合は、下側の痒みは一切無くなると言う事になる。
 しかし、実際には軽症の場合程、痒み緩和の落差が小さい為に薬の効果を感じ難い状態となる。

 アトピー性皮膚炎患者にとって痒みが抑えられると言う事は非常に重要な要素だよね。
 人体寺の場合は、脱ステロイド時期には本当に重宝した。


 人体寺は、脱ステロイドを行っていた数年間は、病院に行っていなかったんだ。
 病院に行かなかった理由は、脱ステロイド時期の酷いアトピー性皮膚炎症状を見たら、医者がうるさく言うのが解っていたからね。


 だから、脱ステロイド時期には、アトピー性皮膚炎の薬は一切入手できなかった。
 でね、その頃は痒みで正常な精神を保つのも大変なんだけど、どうしても痒みで自分を保てない時は、抗アレルギー薬を一錠(1g)の1/4をかじって飲んだんだ。
 そうするとね、抗アレルギー薬を飲んでから15分位で痒みを、かなり抑える事ができたんだ。


 この抗アレルギー薬には、本当にお世話になった。

 この薬が少しでも手元にあったから最終手段があると言う心の余裕も少しはできた。
 しかし、抗アレルギー薬が無くなってからは参ったけどね。


 この抗アレルギー薬の効果は、各個人で違うと思うので一概には言えないけど、自分を保てない位に痒みが酷い場合は、人体寺ならまず、ステロイド薬では無く迷わずに抗アレルギー薬をお勧めするね。それ位信頼している。

 流石に、ステロイド薬みたいな皮膚の症状を良くする程の薬効は無いけどね。





抗アレルギー薬は、目的を持って飲む事を勧める



 抗アレルギー薬を勧めてきたが、だらだら飲んでいるのはお勧めできない。
 よく居る副作用マニアみたいな拒否反応は示す必要は無いが、少なからず副作用も考えないといけない。

 アトピー性皮膚炎の根本的な対策を進めながら、抗アレルギー薬等の内服薬を併用した方が良い。


 アトピー性皮膚炎治療の治療法n一つとして、人体寺のアトピー性皮膚炎治療法を行う場合は、抗アレルギー薬は飲んだ方が良い。
 ●●を使用するアトピー性皮膚炎治療は、皮膚上に吸出されたアレルゲンにアレルギー反応を示す。

 そのアレルギー反応が引き金となって体全体のアレルギー反応も高まる場合も見受けられる。
 だから、●●を剥した後は非常に痒みや炎症が出たりする。


 その為に、抗アレルギー薬を飲んで体全体のアレルギー反応を抑える事を考えた方が得策。
 薬は、漠然と飲むのではなく自身の目的に対して効果的に使う事を考えた方が良い。




このページの先頭へ

  • サイトマップ
dummy dummy dummy dummy