アトピー性皮膚炎治療前後の写真

アトピー性皮膚炎 プロトピック軟膏治療法

プロトピック軟膏は、どの様な薬で効果は?



 プロトピック軟膏は、1999年に発売された、新しいタイプのアトピー性皮膚炎治療薬だね。
 今までのアトピー性皮膚炎治療薬の新薬と言っても分類としては、

  • ステロイド薬
  • 坑ヒスタミン剤
  • 坑アレルギー剤

 なんかの新薬が発売される事が多かったけど、このプロトピック軟膏は、アトピー性皮膚炎を起こす免疫活動を抑制する薬として発売された。


 この薬が発売された当時は、人体寺もこの薬にかける思いも大変大きかったよ。
 まだ、その当時は人体寺アトピー性皮膚炎治療法も編み出していなかったしね。

 で、プロトピック軟膏を使った感想としては、正直期待はずれだったかな。


 何故、人体寺のアトピー性皮膚炎に効果なかったのか今考えているんだけど、恐らく人体寺のアトピー性皮膚炎の原因が内的要因に有ったからではないかと思うんだ。

 このWebサイトでも、アトピー性皮膚炎の原因として内的要因と外的要因が有ると話しているよね。


 プロトピック軟膏は、外用薬だからね。
 外的要因でアトピー性皮膚炎が発症している場合は、皮膚上のアレルギー反応を抑える事ができるから効果あると思う。

 しかし、アトピー性皮膚炎原因が内的要因の場合は、プロトピック軟膏は表皮上の免疫抑制しかできないから、アトピー性皮膚炎を抑える事はできない。

 体の芯から“ゾゾッ”と来る悪寒のある痒みには対応できないんだよ。





プロトピック軟膏の副作用は?


 プロトピック軟膏の問題点として、まずあげられるのは、ほてり感やヒリヒリ感など特有の刺激感がある事だね。この刺激感は、通常2~3日、 長くて1週間で消失する。
 この刺激感は、暖かい所に行くと強く出るんだ。お風呂や布団の中とかね。


 では、プロトピック軟膏の副作用は何?って思うでしょ?
 この薬は、皮膚の免疫機能を抑制する薬なので、感染症にかかり易くなる。

 感染症の具体的な症状としては、

  • 毛嚢炎(もうのうえん)
  • カポジ水痘様発疹症
  • 単純疱疹

 なんかだね。
 人体寺も、毛嚢炎にはかかった。


 あとは、皮膚の免疫を抑えるので、皮膚癌(ガン)発生のリスクもある。だから長時間日光にあたる事や、PUVA療法などの紫外線治療法はやってはいけない事になっている。

 こんな感じが、プロトピック軟膏の副作用だね。


 しかし、人体寺は他にもプロトピック軟膏の副作用はあると思う。
 こんなHPで言ってしまって良いのかな?
 まあ、いいかぁ。


 心臓に痛みが走ったり、体の左右どちらか側だけに大量の汗が出る症状が出た人は、早急にプロトピック軟膏の使用を中止した方が良いと思う。


 上記の症状が出る方は、恐らく元々何か臓器(心臓?)に問題がある人だと思う。

 汗が、体半身のみ大量に出るのは、何処かの臓器が悪い為だと聞いた事がある。
 何処の臓器だったか忘れてしまいましたが、多分心臓じゃないかな?


 人体寺は、昔からたまに心臓が痛む事があったんだ。
 頻度としては、年に1度あるか無いか位。

 しかし、プロトピック軟膏を使用し始めて、明らかに心臓の痛みが増えた。
 痛みの強さや、回数、痛む時間が増えた。


 初めは、プロトピック軟膏とは関連性を考えていなかったけど、プロトピック軟膏を使い始めてから、明らかに心臓の痛みが増えたんだよね。


 そして、プロトピック軟膏を使用し続けるうちに、体の左右どちらか側だけに大量の汗が出る症状まで出てきたんだ。

 この汗は、本当に半身のみで、突然大量に出るんだ。時間にして20~30分位出る。
 酷い時は、左右交互に20~30分位ずつ大量の汗が出続ける事もあった。


 ここまでの症状が出始めた時、さすがにプロトピック軟膏しか思い当たるものが無かったので使用を止めた。

 プロトピック軟膏を止めてからは、心臓の痛みや汗もかかなくなったね。
 やはり、プロトピック軟膏の影響みたい。


 心臓の悪くない一般の人は、それ程気にする事では無いとは思うけど。
 参考までに知っておいた方がいいね。





プロトピック軟膏はステロイド薬と同様のリバウンドを起こす?


 世の中のプロトピック軟膏に関する認識を見てみると、ステロイド薬と同様のリバウンド(副作用)を起こすと言われているね。

 しかし、人体寺のWebサイトの情報を正確に読取っている方ならば、この情報が間違っている事は既にお分かりだと思う。


 プロトピック軟膏は免疫抑制剤であって、副腎皮質ホルモン(ステロイド薬)では無い事は殆どの方が知っていると思う。

 ですから、使用をしても副腎機能には全く影響が出ないのだよ。


 では、何故ステロイド薬と同様のリバウンドなる副作用が出ると思う?

 ステロイド薬の副作用は、副腎機能が低下してそれでステロイド薬を止めるとアトピー性皮膚炎が悪化すると言われているよね?
 アトピー性皮膚炎を治すには、ステロイド薬を止めて副腎機能を上げる事が必須とか真実の様に言われている。


 しかしね、プロトピック軟膏はステロイド薬(ホルモン剤)では無いので、副腎機能が低下する事は無いんだよ。
 だから、ステロイド薬の副作用と言われている副腎皮質ホルモンの分泌が減少も無い。


 でも、プロトピック軟膏を使用していた人がプロトピック軟膏の使用を止めた場合、ステロイド薬と同じ様なリバウンド症状が起きる事がアトピー性皮膚炎患者の間では知られている。

 この事からも人体寺が発表している



脱ステロイドのリバウンドは、副腎機能の低下では無い

  • アトピー性皮膚炎は、アレルゲンを体外に排出する生理現象である。
  • ステロイド薬やプロトピック軟膏は、体外にアレルゲンを排出させる生理現象を抑えるので、アトピー性皮膚炎が酷くなる。
  • ステロイド薬やプロトピック軟膏は、使用し続けると体内アレルゲン量が増え、薬の量や強さを増さないと症状が抑えきれなくなる。
  • アトピー性皮膚炎を治すには、体内アレルゲンを効率良く排出させれば治る。

ステロイド薬やプロトピック軟膏は、アレルゲンを体内に封じ込める。



 ステロイド薬やプロトピック軟膏の使用を止めると、風船の栓が取れて溜まっていたアレルゲンが勢い良く吹き出す。これが、脱ステロイド時のリバウンド症状。
 けっして、副腎機能が弱って副腎皮質ホルモンが減った為にリバウンドを起こしているのでは無い。



脱ステロイドのリバウンドは、副腎機能の低下では無い。

 プロトピック軟膏でもリバウンド症状が起きる事からも、脱ステロイドのリバウンドは、副腎機能の低下で起きている訳では無い事が証明できるのだよ。





プロトピック軟膏は、直に止めた方が良い?


 プロトピック軟膏治療について話したけど、理解できたかな?


 この情報をを見て、プロトピック軟膏治療を止めようと思う人が居るかも知れないね。

 しかしね、使用を中止してリバウンド症状が出る場合は中止を慎重に検討した方が良い。
 アトピー性皮膚炎のリバウンド症状は、生半可な気持ちでは絶対に越えられないよ。


 リバウンド症状の、アトピー性皮膚炎の痒みは、尋常では無い。
 あの痒みに長期間耐えれる人は、なかなか居ないよ。


 もし、リバウンド症状を覚悟してまでプロトピック軟膏の使用を中止したい場合は、人体寺アトピー性皮膚炎治療法を行なって、体内のアレルゲンを抜いてからの方が良いね。
 この人体寺アトピー性皮膚炎治療法でアレルゲンを先に抜いておくと、リバウンド症状が軽くなる。





このページの先頭へ

  • サイトマップ
dummy dummy dummy dummy