アトピー性皮膚炎治療前後の写真

アトピー性皮膚炎と遺伝

アトピー性皮膚炎は遺伝子(DNA)で決まる



 アトピー性皮膚炎と遺伝に関しては興味がある人が多いかな。
 自分の子供を妊娠した際に遺伝するかが気になるみたいだね。

 では、アトピー性皮膚炎と遺伝の関係を人体寺の見解で説明をします。


 ところで、アトピー性皮膚炎は完治する病気だと思っているのかな?
 治らない病気だと思っているのかな?
 それとも完治すると思う?


 この質問は本当に難しいね。
 難しいと言うのは、人によって違うからなんだ。
 アトピー性皮膚炎は、簡単に完治する人も居れば、治り難い人も居る。

 では、アトピー性皮膚炎が完治する人と治り難い人の差は?
 また、完治し易い場合と、治り難いを決定する要因は何か分かるかな?


 その答えは、ズバリ

   DNA(遺伝子)によって決まってくる。


 え?、何を当たり前の事を言っているんだって思った?
 しかし、DNA(遺伝子)に関しては、思っている以上に深い内容なんだ・・・。


 人体寺もDNA(遺伝子)の情報で新しい事を知った。
 それは、非常に興味深い内容のものだった。


 その内容は、今まで人体寺が少し疑問に思っていた事も解決をしてくれた。
 皆にも解る様にちょっと簡単に説明を進めていくね。





遺伝って何?


 このアトピー性皮膚炎HPを見ている人で、小学生の人も居るかも知れないから遺伝について最初に話すね。
 大人の人も遺伝について知らない事もあると思うから見ておいた方がいいよ。


 まず、遺伝について話をするね。
 遺伝と言う言葉を聞いた事が有ると思う。
 子供が親に似るのは、遺伝子によって遺伝情報が伝わっているからだよね。
 その遺伝情報を伝える物がDNA(遺伝子)なんだ。

 この遺伝子(DNA)は、2重らせん構造と言う形になっている。2重らせん構造を解り易く形状を説明をすると、らせん階段だね。このらせん階段の踏み板部分が遺伝情報になっていると思ってもらえるといい。


 解り易いように、これ以降の説明は、遺伝子をらせん階段に置き換えて話するね。

 このらせん階段の踏み板は、中心部分で左右違う遺伝情報になっている。
 何で左右違う遺伝情報になっているかと言うと、片側は父親、片側は母親から遺伝情報を貰っているからなんだ。

 この両親から貰った遺伝情報で、貴方のアトピー性皮膚炎の症状が決まってくるんだ。


 そして、らせん階段の踏み板部分の遺伝子情報には、遺伝し易い情報と遺伝し難い情報がある。
 では、アトピー性皮膚炎の場合は遺伝しやすいか?と言う話になるね。

 次のアトピー性皮膚炎は遺伝し易い?では、この当りの事についてお話します。





アトピー性皮膚炎の遺伝は、し易いの?


 アトピー性皮膚炎は、遺伝し易い病気だと言われているよね。
 遺伝は、遺伝子の性質によって、それぞれ遺伝のし易さが違う。

  1. 遺伝し易い遺伝子・・・・・優性遺伝子
  2. 遺伝し難い遺伝子・・・・・劣性遺伝子

 なんだ。
 間違って貰いたくないのは、優性、劣性と名前が付いているが優れている遺伝子とか劣っている遺伝子という意味ではないよ。
 ただ遺伝情報が伝わりやすい遺伝子は優性遺伝子、遺伝情報が優性遺伝子よりも遺伝し難い遺伝子は、劣性遺伝子と言われているだけ。


 では、アトピー性皮膚炎の遺伝情報は、は優性遺伝子か? 劣性遺伝子か?

 アトピー性皮膚炎は、遺伝し易いと言われている為に、遺伝情報の伝わり易い優性遺伝子であると予測が付くね。





アトピー性皮膚炎の症状は、遺伝で決まるの?


 アトピー性皮膚炎の遺伝情報は優性遺伝子であると言う事は解ったよね?
 しかし、アトピー性皮膚炎の症状が各個人によって違うのは何故?って疑問が沸くよね?


 この遺伝情報の伝わり方の強さは、例を挙げて説明した方が良いね。
 この遺伝情報の伝わり方の説明には、人の髪の毛を例に挙げて話そうかな。

 髪の毛は、直毛から巻毛まであるよね。

 髪の毛は、
  • 直毛・・・・劣性遺伝子
  • 巻毛・・・・優性遺伝子
 なんだ。

 日本人の髪は、完全な直毛の人が少ないから、髪の毛に関しては劣性遺伝子を持った人が少ないって事が分るね。

 そして、人は直毛と巻毛の2種類に分かれているのでは無く、

髪質 直毛 少し巻毛 強い巻毛
優性遺伝影響度
弱い
少し弱い?
強い


 上記の表に表したように、各髪質の人が居る訳だ。
 少し巻毛の人は、遺伝子的に元々少し巻毛なのか、遺伝子的に掛け合わせられて少し巻毛になっているのかは知らないけどね。


 アトピー性皮膚炎の症状の出方も髪のクセ毛の出方の強さも同じ事なんだよね。
 だから、人それぞれアトピー性皮膚炎の症状が違う。


 アトピー性皮膚炎の重症度を軽度順に書くと

  1. アトピー性皮膚炎遺伝子を持っていない人。アトピー性皮膚炎は発症しない。
  2. アトピー性皮膚炎遺伝子を持っているが、アトピー性皮膚炎発症していない人。
  3. アトピー性皮膚炎遺伝子を持っていて、アトピー性皮膚炎が少し発症している人。
  4. アトピー性皮膚炎遺伝子を持っていて、アトピー性皮膚炎を発症している人。

 上記の区分けは、大まかに書いただけで、実際にはこんな単純ではない。
 アトピー性皮膚炎遺伝子を持っている人でも、子供の頃アトピー性皮膚炎だったが大人になって治る人もいるし、その逆もある。

 アトピー性皮膚炎は、生まれ持った遺伝子要素によって、アトピー性皮膚炎の症状(重症度、年齢毎の経過)も変わってくるんだ。






遺伝子にはスイッチがある


 ここでは、アトピー性皮膚炎と遺伝子スイッチと言う話をします。
 この論説は、これまでアトピー性皮膚炎の炎症で説明が付かなかった事も説明が付く様になる画期的な論説です。

 非常に面白い、人体寺オリジナルの考察です。


 遺伝子と言えば、親からの遺伝情報の事を思い浮かべるかな?


 でもね、遺伝子には、もう1つ面白い役割があるんだ。
 それはね、遺伝子にはスイッチ(SW)の役割があると言う事が分ってきたんだ。

 スイッチ(SW)ってなんだろう?  恐らく、そう思ったよね。


 この遺伝子のスイッチは、免疫などの生体機能に関するスイッチなんだ。
 笑うと免疫力が上がるって聞いた事がある人も居るかな?


 この免疫力が上がる理由が、遺伝子のスイッチが入る為らしい。

 らしい?って

 人体寺も遺伝子の専門家じゃないからね。人体寺は、自身のアトピー性皮膚炎から得た事しか分からない。
 最近の研究だから人体寺もそれ程知っている事じゃないから紹介まで・・・。

 でもね、この遺伝子スイッチの概念がアトピー性皮膚炎を解り易くしてくれるんだよね。





成人型アトピー性皮膚炎と遺伝子スイッチ


 アトピー性皮膚炎が、比較的簡単に完治し易い人について書こうかな。

 では、アトピー性皮膚炎が完治し易い人ってどんな人だろう?
 それは?


   成人型のアトピー性皮膚炎


 なんで、成人型のアトピー性皮膚炎?って思うよね。
 医療界や世間では、難治性のアトピー性皮膚炎と言われているよね?

 でも、成人型のアトピー性皮膚炎は完治し易いんだよ。
 成人型のアトピー性皮膚炎と言っても子供の頃からずっとアトピー性皮膚炎の人では無いよ。

 子供の頃は発症していない状態だったが、成人近くになってから発症した人ね。


 上記が何故完治しやすいか?と言う事だよね。

 それが、この遺伝ページで書いた遺伝子のスイッチの話。
 そして、この遺伝子スイッチの話を使うと成人型アトピー性皮膚炎を含めアトピー性皮膚炎が凄く良く解る。


 では、最初に成人型アトピー性皮膚炎とはどんな症状?って事を考えてみよう。

 成人型のアトピー性皮膚炎は、成人(思春期以降)になってから発症した人だよね。
 この成人(思春期以降)になってから発症したって所が 『ポイント』 なんだ。


 要するに、幼児、子供時代には発症していなかったんだよね?
 と言う事は、遺伝的観点で見ると、


  優性遺伝子の影響があると言っても、優性遺伝影響度が非常に弱い物


 って事が解るよね。


 もし、アトピー性皮膚炎の優性遺伝子影響度が強ければ、子供の頃から発症しているって事が分るよね?


 要するに、アトピー性皮膚炎の発症遺伝情報としてはごく軽い物だという事が推察できる。
 今言っている事が判らない人は、もう一度アトピー性皮膚炎は遺伝し易い?を見てね。





成人型アトピー性皮膚炎は単純


 成人型の場合、前述の論説から考えて遺伝情報が弱く、普通に暮らしていたら発症していなかったって事は理解できたかな?

 アトピー性皮膚炎の重症度で言ったら、2番目に軽い遺伝情報を持っている病状を発症していない人だね。


 しかし、成人型アトピー性皮膚炎は何かをきっかけに優性遺伝影響度が弱いにも関らず発症してしまったんだ。


 その発症した、きっかけが何かって事だよね?
 そこに注目してみると非常に面白い考察が出来るんだ。


 そこで、誰かの成人型アトピー性皮膚炎の体験記を読んで頂きたい。
 必ずと言って良い程、あるキーワードが出てくるから。



 そのキーワードはね、

   環境の変化、仕事による 『ストレス』
   遊びなどによる 『不規則な生活』


 大抵この2つの条件の内、どちらかが挙がっているよ。

 このストレスや生活習慣の乱れが、先程話した成人型アトピー性皮膚炎に影響する遺伝子スイッチの情報を変化させてしまう。
 遺伝子スイッチ変化してしまった為に、今まで抑えられていたアトピー性皮膚炎遺伝子が目覚めてしまったってワケ。


 とは言っても、本当にストレスでアトピー性皮膚炎が発症したのかは分らない。


 何故なら、ストレスで暴飲暴食をする人が居るよね?

 アトピー性皮膚炎遺伝子がどうのと言うよりは、暴飲暴食がアトピー性皮膚炎発症に繋がっている可能性もある。
 自分のアトピー性皮膚炎の原因を、自分の都合の良いストレスのせいにする人も非常に多い。

 最近分ってきたけど、お酒を飲むとアトピー性皮膚炎が酷くなる人が結構居るみたい。
 ストレス解消でお酒を飲んでいる人は、暫くお酒を飲むのを止めても良いね。



 さて、話を戻すけど生活習慣から発症した成人型アトピー性皮膚炎を完治させるにはどうしたら良いかもう分るよね?


   答え:遺伝子スイッチを元に戻すだけ。


 遺伝子的考察を交えると、簡単に理解できない?

 成人型アトピー性皮膚炎を完治させると言っても、正確には遺伝子スイッチを元に戻す事だけではダメだよ!
 症状を発症させてしまった時に、体内に溜め込んでしまったアレルゲンが有るからね。このアレルゲンを体外に排出させなくては駄目!

 アレルゲンを手軽に体外に排出させる方法は、この先順番に読んでいると出てくる、人体寺アトピー性皮膚炎治療法を見てね。


 そして、遺伝子スイッチを元に戻すにはストレスを少なくする事や不規則な生活を正さなければならない。

 遺伝子スイッチは、笑う生活を取り入れていれば遺伝子が正常に機能する物もあるが、笑っていれば全ての遺伝子スイッチが正常に働きだす訳では無いからね。


 ただし、大人の事情で生活習慣やストレスが切っても切れない状況ってあるよね。
 また、仕事の作業で使用する薬品や揮発性薬品にアレルギー反応を示している場合もある。当然だが、この場合はストレスとは関係ない。

 この部分に関しては、現状の職場環境では成人型のアトピー性皮膚炎が治り難いかもしれないね。





環境や物のせいにするな


 いきなり厳しい言葉だよね。しかし、非常に重要な事なので記載した。
 普通は、受け狙いや自身の評価を得たい場合は書かない言葉。しかし、人体寺はその様なつもりでこのアトピー性皮膚炎に関する論文を発表しているのでは無い。

 だから、厳しい事でも駄目な事は駄目とハッキリと書く。その事は了承して読んで頂きたい。


 成人型アトピー性皮膚炎の発症を全てストレスや仕事上の生活習慣のせいだけにしてはいけない。
 世の中には、自身のアトピー性皮膚炎を他人・物・環境のせいにする人も居る。

 特に、アトピー性皮膚炎の治療上どうでも良い様な物にまで異常に拘る人は最悪である。

 その様な人は、必ずと言って良い程アトピー性皮膚炎に良いと言われている物を多数実行している。

 耳痛くない?


 その多数の治療?をやってもここを見ていると言う事は、今やっている物が役になっていないと言う事では?
 不必要な物を最大限削って、効果のあるものだけ最大限集中して実行する。

  選択と集中

 これは何をやるにも必要不可欠だね。


 勉強でもそうだよね?

  • 優秀な生徒・・・・・1冊の優良な参考書を何度も繰返し解く。
  • その他生徒・・・・・あれこれと色々な参考書を取り揃え、繰返し解かない。

 アトピー性皮膚炎の治療も全く一緒。
 効果の有る物に集中して実行するとお金も時間もかからずに治る。

 色々な物に手を出すのは、自分がアトピー性皮膚炎の治療をやっているつもりになっているだけで、味見程度の効果しかない。
 よって、お金も時間も全て中途半端に分散して無駄になることが非常に多い。

 理解できない人間は、ノウハウショッピングを一生し続けるだけで終わる。





ストレスが先か? 体質改善が先か?


 ストレスと病気に関する基礎的な関係は、皆少しは知っていると思う。
 ストレスで病む場所と言ったら、


  • 自律神経系
  • 内分泌系
  • 免疫系

 など・・・・

 ストレスによってあらゆる病気が起こってくる。  自律神経系、内分泌系、免疫系と言えば、アトピー性皮膚炎に関係のある物ばかりだね。



 ストレスで一番最初に影響が出る場所は胃や腸かな?

   胃・・・胃潰瘍
   腸・・・過敏性大腸炎・過敏性腸症候群の下痢や便秘症状


 ここで間違えてはいけないのは、胃腸が悪くて胃潰瘍や、下痢、便秘になっているのでは無いという事!

 え? まだ判り難い?



 じゃあ、もう少し判り易い様にしようか?

   問題: ストレスが原因で胃潰瘍になりました。胃潰瘍を治す治療法は?
   答え: 胃潰瘍の治療方法は、胃腸の強化!


 違うよね?


 もし、ストレスによる胃潰瘍が発生した場合は、ストレスを減らす事をしなくてはいけないよね?
 胃潰瘍を良くするには、ストレスを無くす環境を少しでも作っていく事だよね?





不規則な生活による成人型アトピー性皮膚炎


 不規則な生活で遺伝子スイッチが変化し成人型アトピー性皮膚炎が発症した場合は、長い期間かけて悪い習慣を正すしかない。
 何故、長い期間かけて悪い習慣を直さないといけないか分るかな?


 生物には体内時計と言う物があるんだ。

 この体内時計を簡単に説明するね。
 生き物は、朝日が昇る時間に体温を上げたり、ホルモンを分泌させたりして体を動かし易い状態にしている。

 何故この様な事ができるかと言うと、体内時計が1日のサイクルを覚えているからなんだ。
 この体内時計だけど、なかなか狂わないようになっている。

 何故なら、体内時計は生物が生活するうえで地球の自転周期を刻み込んである物だからね。


 そして、体内時計が狂わずに正常に機能していると、朝もスッキリ起きれる。
 逆に体内時計が正常に機能していないと朝はなかなか起きれないし、午前中も頭がスッキリしない。


 しかし、体内時計が狂ってしまう人もいるんだよね。
 不規則な生活をしている人の例として下記を考えてみる。

 その人は、

   1日目・・・・・昼:寝る  夜:遊ぶ
   2日目・・・・・昼:遊ぶ  夜:遊ぶ
   3日目・・・・・昼:寝る  夜:寝る


 さて、ここで問題です。
 この不規則な生活を行っている人は4日目はどの様な生活をしているでしょうか?


 分らないよね。

 不規則な生活をしている人自身の体も、何時体温やホルモン分泌したら良いか判らないよね?
 体は、体内時計を一応生活者に合わせようとする。少しずつね。
 しかし、何時に起きて何時に寝るかも判らない生活パターンに体内時計を合わせこむ事は出来ない。

 次第に、1日(昼と夜)の周期と生活者の体内時計の時間にズレが出てくる。


 そうして行く内に、体内時計のリズムも狂って行く。
 一度狂った体内時計のリズムを修正するには、規則正しい生活をそれなりの期間過ごす必要がある。


 だから、

   1~2日不規則な生活をしたからと言って、体内時計が狂う訳では無い。
   1~2日規則的な生活をしたからと言って、狂った体内時計が元に戻る訳では無い。


 体内時計に関して甘く見ている人も多いかもしれないね。
 しかし、赤ちゃんから幼児期にかけて、体内時計の乱れは、

   脳の発達の遅れ
   攻撃的性格


 など、色々と問題がある事が判ってきた。
 興味がある人は、色々と検索して見ると良いよ。





このページの先頭へ

  • サイトマップ
dummy dummy dummy dummy